読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tech と Culture

テクノロジーとカルチャー

翻訳:Satoshi Client Transaction交換

次はこれ。

Satoshi Client Transaction Exchange - Bitcoin Wiki

分からない部分あり。

Satoshi Client Transaction交換

1 概要 2 walletの送信 3 定期的なアドバタイズメント 4 リレー 5 他の参照 6 脚注

1 概要 Satoshiクライアントはローカルで生成されたトランザクションをアドバタイズし、他のノードからのトランザクションをリレーします。この記事はトランザクションの交換を取り扱う操作について説明します。 トランザクション交換は、トランザクションが標準で有効の場合のみ行われます。

2 walletの送信 クライアントは定期的にmain.cppのSendMessages()を呼び出します。それはResendWalletTransactionsを呼び出し、ローカルに生成されたトランザクションを送信します。 このルーチンは前回から新しいブロックがあるか確認し、もし存在しているならローカルのトランザクションがまだブロックに入ってないか確認し、トランザクションを全てのノードに送信します。これは30分毎に行われます。 トランザクションは最後の受信したブロックより少なくとも5分以上古い場合再ブロードキャストされます。ソートされ古いものから順に送られます。

3 定期的なアドバタイズメント クライアントは定期的にmain.cppのSendMessages()を呼び出します。そこではメッセージがリモートのノードに送られるべきか決定します。それぞれのメッセージの処理の繰り返しにおいて、一つのノードが”trickle node”として選ばれます。このノードは適切であれば”addr"メッセージ受信する唯一つのノードとなります。 inventoryのセクションでは、クライアントはtrickleノードでなければランダムに決められた1/4のトランザクションのinventoryを送信します。この場合、全てのトランザクションを受信します。 ???????

4 リレー クライアントがトランザクションを”tx”メッセージで受け取った時、RelayMessageを呼び出し、それがRelayInventoryを呼び出して、他の全てのノードに送るinventoryをキューにいれます。

5 他の参照 transation broadcasting